離婚事件の経験豊富な女性弁護士が貴方の味方です

『届けさえ出せば,離婚はできるでしょう。』
確かに, 離婚だけなら,届けを出せばできます。
しかし,離婚に際しては,養育費や財産分与,慰謝料等,決めなくてはならない問題がたくさんあります。
特に,ご自宅をお持ちの方,後に不貞相手の女性への慰謝料請求を予定されている方,
注意事項があります。

『国際離婚なので,誰に聞いて良いのか判らない。』
国際離婚においては,管轄(どこの国の裁判所が担当するか),準拠法(どこの国の法律が適用されるか),
ケースバイケースです。
また,国によっては,裁判所を通さない離婚手続きが存在しないところもあります。
そのような場合,日本で協議離婚してしまうと,もう一方の国では結婚状態が続くことも。
相手国での手続きが必要な場合,そちらの法律家をご紹介できる場合があり,
2つの国の弁護士が協力して動くことも可能です。

 

 

『弁護士って敷居が高くて,気軽に相談しづらい。』
って思っていませんか?
実は,弁護士への相談が早ければ早いほど迅速な対応でき,
よりよい解決方法が期待できるのです。

『こんなこと,弁護士に相談するほどのことではないかもしれない。』
話してみて,弁護士に相談する必要のないことであれば安心できます。
逆に,弁護士の目から見たら,早く来てくれたからこそ解決できるという事件も見られます。

『弁護士に相談なんて,周りがどう思うか・・・不安。』
大丈夫。
弁護士は守秘義務がありますから,例え貴方の家族であっても,相談内容を教えることはありません
相談しても,弁護士に相談しているなんて堂々と言わなくても良いんです。

『弁護士って高いでしょうし。相談したら,弁護士に解決を依頼しなければいけない。』
という義務はありません。
依頼した場合の費用についても説明いたしますので,他と比較して,
ご自分に合う事務所を見つけてください。

とりあえず,悩む前に ちょっとお話してみませんか?